貯金を継続させるコツは仕組を作ること。

機械的貯金・節約術へようこそ!あなたも過去に貯金する事を決意して始めた経験があると思います。

貯金をしなければならないとは誰もが思っています。でも何度決意して挑戦しても結局長続きしなかったというのがよくあるパターンです。

でも、自分を責めないで下さい。人間の決意や意思なんて本当に弱いものです。

世界中のお金持ちも、超一流のスポーツ選手もどんな人だって、それは同じです。

人間というのは意思や決意だけで何年も継続し続ける事なんて不可能なのです。

では、何度挑戦しても失敗する人と、成功している人の差は何なのでしょうか?

それは一度決めたことを継続するための「仕組み・システム」を作ったかどうかだけなのです。

人間の意思は弱いものです。自分の心の内で自分を律するというのは難しいのです。

だからこそ仕組み・システムを作ってしまって、自分の意思とは関係無く、絶対にそうせざるを得ないという環境を意図的に自分で作るのです。

そうすることで、挫けそうになったり諦めそうになったりという自分の弱い内なる心が出てきても、自分で作り上げた仕組み・システムという外部的な力によってそれを抑える事ができるのです。

あなたにこの事をもっと実感してもらうために、過去をふり返ってみましょう。そうすると私の提唱する機械的貯金・節約術が絶大な効果を有する理由がお分かりいただけるはずです。

機械的貯金・節約術が効果的な理由!

小学校や中学校の時、朝どんなに眠たくてもきちんと起きて、又は親に起こされて学校に何年間も毎日通いましたよね。

やりたくない仕事があるから会社に行きたくない。人間関係が悪くてアルバイトに行きたくないという事ってありましたよね。

でも、必ず仕事やアルバイトに行きますよね?

もし、義務教育という仕組み・システムが無くて、行っても行かなくてもどっちでもいいという事であれば、何年間も毎日自分の意思で通い続けることができたでしょうか?

会社やアルバイト先に行かなくても、上司や先輩やお客様に怒られることがなかったら、毎日休まず仕事に行くでしょうか?

おそらく多くの人が、体調が悪かったり、気分が乗らなかったりした時には、時々休んだり遅刻をしたりすると思います。

でも、実際にはほとんどの人が余程の事が無い限りは何とか気力を振り絞って頑張って学校にも行くし、仕事にも行きますよね。

これが仕組み・システムの力なのです。うまく仕組みを作ってしまえば自分の意思とは関係なく、半自動的に自分の体が動くようになるのです。

貯金や節約も同じ事なのです。うまく節約して貯金をするような仕組みを作り上げることができれば、あとは機械的に行動する事ができ、自分の意思とは関係なく貯金をする事ができるようになるのです。

自分の意思の弱さとか決意の弱さとかは関係ありません。機械的に節約・貯金をする事ができるようになるのです。

これを私は機械的貯金・節約術と名付けました。

これをこのサイトを通じてみなさまにもお伝えすることができれば嬉しく思います。

今まで何度も挑戦したけど継続する事ができなかったという人も、この機械的貯金・節約術なら実践する事ができます。

例え、年収200万円以下でも、また年収1000万円を超えるような人でもどんな人でも無理無く続けることができる素晴らしい方法です。