水道光熱費と保険は簡単に減らせる!

月々必ず支払いが必要な固定費はたくさんあります。

貯金することを考えると自分の交友費や買い物などに使っている変動費を節約しようと思ってしまいがちですが、あまりにも変動費を節約してしまうと精神的なストレスが蓄積され、反対に無駄遣いをしてしまったりすることもあります。

そこで、固定費を見直した上で節約できる変動費などの部分を徹底的に節約していくことが肝心です。

固定費として考えられるものには家賃、住宅ローン、その他車をはじめとするローン、子供の学費、光熱費、月々の保険料などがあります。

このうち子供に必要な学費や塾の費用について節約するのは精神的にも難しいでしょうし、あまり最初の段階でやるべきではないでしょう。

一番見直しと節約をしやすいのは水道光熱費と生命保険などの各種保険になってきます。

生命保険や医療保険は、公的なサービスを活用すれば、それほど高額の掛け金の保険に入る必要が無い事も多いです。

多くの人があまりよく分からないままに営業トークや義理人情に流されて保険に加入しています。

毎月の掛け金を安くできる事も多いので、保険の見直しを無料でプロに相談 できる【保険相談Navi】どを利用する事を強くおすすめします。簡単に無料で毎月の支出を削減できる可能性があります。

水道光熱費は、毎月支払いをしなければいけないことには変わりありませんが、変動費の側面もありますので、節約を心がけて生活をすることで、支払いをする金額そのものを少なく抑えることができるので、可能な限り無駄な光熱費を支払うことが無いようにエコな生活をすると良いです。

固定費の節約はストレスを受けにくい!

上記のように、光熱費を節約するのはとても大切なことですが、この他に節約することができる固定費の中には保険料があります。

あまりにも月々の保険料が安いと本当に保証を受けることができるか不安だという人の場合には、生命保険会社にこだわっていたりしますが、近年では外資系と呼ばれる月々の保険料の安い保険のニーズが高くなっています。

それぞれの外資系保険会社にも親元は国内大手の保険会社があったりすることもあり、保障内容がしっかりと充実したものになっているので、固定費の見直しをする際に保険の乗り換えを考えてみてください。

今までは絶対に必要だと思っていた保険料も驚くほど節約することができる事が多いです。

保険の見直しを無料でプロに相談 できる【保険相談Navi】などを利用してプロのアドバイスをもらいましょう。

車を所持していると車の維持費は固定費として必要になってきますが、ここでも節約するため、排気量の大きな車より小さな車に乗り換えると車検や税金などの部分で固定費を大きく見直すことができます。

ストレスを感じながら、変動費の節約をするよりも固定費を節約した毎日を当たり前にしてしまった方が貯金できる金額も大きく、精神的な負担も感じにくいので継続しやすくなります。