給料が貼ったらまず先に貯金をする!

基本的に毎月の給料日というのは決まっているものですから、貯金をするタイミングとしてはベストになります。

この日に合わせて様々な支払いよりも先に必ず決まった金額を貯めるようにしていくと良いでしょう。

ある程度生活をしてからお金が余った場合、貯金をするなどと思っていると結果的に余る費用がなく、蓄えをすることができなくなってしまいます。

ある程度月々の収入と支出を計算した上で、どれだけの生活費があれば良いのかを考え、必ず一定の金額を貯蓄にまわしてしまいましょう。

この際、貯めたお金のことは忘れて、手持ちの金額だけで1ヶ月生活をするように心がけます。

同じ事繰り返していくうちに、一ヶ月、二ヶ月と、どんどん自分の口座にはお金が増えていくこととなります。

こうなると、ようやく貯金をしていることが嬉しくなってくるのではないでしょうか。

貯金・節約がつらく思えたりストレスになるのは、最初だけです。だんだん節約する事やお金が増えていく事が快感になってくるのです。

継続は力なり!とにかく耐える、続けることが大事!

上記のような方法で、ある程度まとまったお金になると、すぐに使ってしまいたくなる人がいます。

貯金をすることができないタイプの典型になりますね。

ここで使ってしまうと振り出しに戻ってしまうので、自分の中で少し無理だと思えるような目標を設定し、到達するまでは一度貯めたお金を絶対に使わないようにしましょう。

気軽に使えてしまうような金額の場合には好きなものを購入したりする誘惑に負けてしまいますが、大きな金額になればなるほど、反対に使うのが嫌になり、どんどん溜め込みたくなるのが人間の心理というものです。

この心理になる事ができればしめたもので、好循環に入ってどんどんお金が貯まっていきます。

貯金・節約をする事がストレスに感じていたのが、むしろ快感になってくるはずです。

自分はお金を貯めることができないと思い込んでしまうのではなく、使いたいと思うことのないような状況を作っていくことで、いつの間にか自然に大きな貯金をすることに成功している人も沢山います。

このような方法で貯金をしていく為には、まず自分の意志が最も大切になるので、忘れないように大きなポスターに書いて部屋に貼っても良いし、友人や身内に宣言してしまうのも一つの方法になります。

貯めたお金に手をつけそうになったり、給料日前には必ず忠告をしてもらえるような状況を作っておけば、忘れてしまいそうになっても改めて思い起こすことができます。