利息は最も無駄な支出である!

近年ではクレジットカードなどを持っている人がどんどん増えていて、お買い物をしたり、外出先での支払いが便利になっています。

インターネット通販などを利用する際にもクレジットカードがあれば簡単に記載することができて良いですが、実はこうしたクレジットカードやその他カードローン等の利用というのは、とても無駄な支出だということを覚えておきましょう。

一度に高い費用での買い物でなければ月々の生活そのものは苦しくなりませんが、分割購入をしてその後利息を支払っていれば本来支払う必要のないお金を払っていることになります。

利息というのは払っても、その対価として得られるものは何もありませんので、完全に無駄な支出になります。

そのため、クレジットを利用してお買い物の残高がある場合や、キャッシングなどを利用していて、返済をしている場合、まずはお金を貯める事より早く完済して利息という無駄な支払いをすることが無いように心がけていかなくてはなりません。

目先のことだけを考えず長期的な視点で考える!

カードローンや消費者金融などと言うのは一見するととても便利な存在になっています。

確かにお金を持っていなくても好きなときに買い物することもできるし、生活が苦しい時にはお金を借りることができますが、返済をしていくことを考えたら利息の支払いは長期的に無駄な出費となります。

どうしても必要な時には利用しても良いと思いますが、その場合、最優先で返済をしてからでなければ貯金を考えるのは難しいことになってしまうでしょう。

最優先に返済をしながら貯金をする方法もありますが、まずは、しっかりと返してしまい、その分まとまったお金を貯めた方が効率的だと言えます。

特に複数社から借り入れをしていたりする場合には最優先で返すのはもちろんですが、ローンの一本化なども検討し、できるだけ支払う利息が少なくなるように工夫しましょう。

お金を貯めたいと思っていながらも、カードローンや消費者金融などを利用してしまい、返済、そして利息の支払いで苦しんでしまうようでは本末転倒になりますので、事前に計画性を持ち、どうしても避けることができない場合のみ利用すると良いです。

また、消費者金融やカードキャッシングを利用する人とういのは、そもそも性格的に浪費癖がある事が多いので、それをいち早く治さなければなりません。

他方で、住宅ローンや奨学金も借金ですが、それらはやむを得ない事情もありますので、ある程度仕方が無いでしょう。