理想的な水準を知ることは大事

ライフスタイルはそれぞれによって違いますので、子供がいる場合での生活と一人暮らしをしている生活の場合では、同じ収入の中でも、収入と支出のバランスが変わってきます。

例えばお子様のいるご家族であれば、根本的な家賃や光熱費型住宅ローンなどという固定費のほか、子育てに必要な費用を捻出しなければなりません。

学資保険や学校関係の費用、それから塾や習い事などにもたくさんのお金が必要となります。

さらに、お子さんを連れての旅行やレジャーなどを楽しむと、収入として入ってきた大部分を支出として出していかなくてはなりません。

一方で一人暮らしをしている人の場合、上記したお子様に関する部分は必要ないので光熱費や家賃以外はすべて自分の自由に使えるお金となります。

車のローンなどを支払っていても、交遊費を節約して貯蓄口座に入れてしまうこともできるでしょう。

このようにどの会計にもあてはまる理想の収入と支出の割合というのは、無いのですが、一般的に言われている平均的割合というのを知っていれば、自分の家計の参考になります

平均から逸脱している部分に関しては見直しが必要となりますので、自分の家計に近い似たような家計の平均的な収入と支出の割合を知る事は大切です。

バランスを見直す

子供がいる場合とそうでない場合で収入と支出のバランスは大きく違いますが、子供がいる場合には収入に対して支出が八割、一人暮らしの場合四割程度と考えておくのが無難です。

このような理想的な割合を導き出し、どこを節約すればよいのかを考え直すことで、少なからず月々貯蓄をすることができるようになります。

子供がいて生活が厳しいから、貯金は無理などと決めつけていては、いつでもお金が貯まらず、いざという時に困ります。

光熱費、それから食費という部分でしっかりと削り削った分は貯金口座に移すようにしましょう。

上記したように入ってくるお金と出て行くお金のバランスを考えるようにすると、上手に貯金することができます。

頭で考えるだけではなく、メモや手帳などに細かく記入するのも良い方法だと言えるので、取り組んでみてはいかがでしょうか?

これまでに少し厳しいと思っていたようなバランスでも、調整をすれば蓄えを残すことができるようになります。

一人暮らしをしている場合には自分の中で我慢すればするほどお金が貯まっていくので、バランス調整も容易です。